FAQ一覧

おけいこの曜日や時間は変更できますか?

授業日の中であればどの曜日にでも変更できます。

午前だけ、午後だけの組み合わせでも大丈夫です。

3ヶ月以内のお休み分の変更出席ができます。

和裁の道具を持っていません。事前に購入することが必要でしょうか?

何もお持ちにならなくても大丈夫です。

家にある裁縫箱をそのままお持ちください。その中から使えるもの買っていただくものをお分けして、不足のものは教室に用意しています。

和裁はまったくの初心者なので不安です。

皆さん初めての方ばかりです。

最初は運針からですがその日のうちに指ぬきを使って縫えるようになります。

30年クリスマス会
31年2月8日 針供養
凛マガジン(補正履歴)

●補正履歴

●ガード

●その他の加工

●安心できるお手入れのために

==============================

●補正履歴

古代のきものに「お手入れ手帳」がないのは当然です(笑)。 しかしせめて、呉服の売れ行きが好調だった昭和50年代ごろまでに、「補正履歴のわかる書類」が創案されていても良かったんちゃうかなぁ~と思います。 ※ちなみに、呉服小売業の売上は、昭和57年から平成24年の30年間で、約5分の1に激減しています。 品物が完成したとき、オプション加工が少なければ問題ないのでが、反物が売れてから仕立て上がるまでに行ったオプション加工、保管・着用中に出た難の補正を行うことがよくあります。 そうした過去の記録を把握できた方が、次に何かを行う際、圧倒的にリスクもコストも抑えられると思います。

==============================

●ガード

商品が売れてから行う加工でポピュラーなのが、ガード加工です。大手のパー○トーンさんが有名ですが、それ以外にも複数業者さんがあります。 ガードのかかっている品物にカビが出て、地直しで取ることになった場合──もちろんテストをすれば、ガードがかかっていることはすぐにわかるのですが──どこの業者さんのガードを、いつ頃施術したかという記録があれば、より効率的に情報を得ることができます。 ガード加工後の品物に何らかのトラブルがあって、補正歴のある品物をお手入れしたいというご依頼も多いです。 いちばん困るのは、染め直しです。 通常は、染料が入るように、一度ガードを落としてから染め直し→再度ガード加工 という手順になるのですが‥‥中には部分的にガードがかかったものがあったりします。 防水・防汚目的のガードなら、全体に施術するのが普通なのですが‥‥。 ガードがあるかどうかは、事前にテストをして確認するのですが、残念ながらテストはきもの全体に行うものではありません。 目立たないところでテストをしてガードがなければ、ガードなしだろうという判断になります。部分ガードを見抜けず、染め上がりを見て「あ!」となることがあるのです。 「部分ガード」に納得できる事例も、たまにはあります。あとから紋を入れた商品に、紋が泣かないようにと紋の部分だけにガード、などです。 しかし、なぜ部分ガードをしたのか、理由のわからないケースも少なくありません。

==============================

●その他の加工

仕立て後や着用後に行う(無色透明の)加工には、他にもあります。ガードの他、柔軟加工、スレハキ加工、静電気防止加工 などです。 また、難を隠すために、絵柄を描き足してある品物もあります。柄足しの染料や技法が違うと、全体を一度に処理することができません。 こちらもまた、柄足しを行った時期、使った染料や技法がわかると、地直しとしては大変助かるのですが‥‥すぐに見抜けないこともあるので、テストで確かめていきます。 持ち主さまが、個人的にクリーニングに出されていることも多いです。これが裏目に出ると、もっと厄介です。 プレスなどの熱処理、揮発洗浄の影響で、加工の一部に異変があったり、前述のオプション加工が取れていることがあります。

==============================

●安心できるお手入れのために

1 もし、クリーニングや他の加工、補正に出されたら、納品書や伝票を、きものといっしょに保管しておいてください。2.凛に補正をご依頼いただく際、その伝票類も、いっしょに送る。  記号や略語、なぐり書きであっても、参考になることがあります。 の2点です。