生徒の12/4

;l

*お知らせ*

***教 材*** 

軽装帯用に新柄『シビラ』の風呂敷仕入れました。

今までとはまた違った「はつらつ」とした帯ができますよ。構成は一緒に考えましょう。

左は柄一覧、右3枚はそれぞれの柄アップです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

心奪われるものを発見しました。こんな帯留めがあるんだアアアアー  帯締めにつかまってるんだからウン十万落としちゃうよね~

猫ちゃんの帯留め! 彫金のデザイナーさんがいらしていて、猫ちゃんの肉球にこだわって作られたそうです。(写真全然ダメでしたネ)  プラチナシルバー(ウン十万円 目が飛び出る)

写真を撮ると言ったらすごく喜んで、皆さんに広めてくださいとのことでした。

 

***20周年パーティー***

無事パーティー終わりました。写真をアップしました。ご覧になりたい方、写真を取り込みたい方はこちらから入ってください。「合言葉」が必要になります。教室にて確認してください。

https://30d.jp/souwaphoto/1

さすがにカメラマンさん「美しい着物風」に映してくださいました。皆さん素敵です。

20周年お祝いの南京玉すだれ   今年の「100円女王」20周年にふさわしい💖

 

*************************************

 **凛通信**

●血だらけのきもの
●なぜ、こんな付き方に?!
●半日がかりで作業
●憶測ですが‥‥
●直後なら大丈夫
==============================

●血だらけのきもの

つい最近のことですが、1着のきものが送られてきました。送り主は、あるきものメーカーさん。
依頼者さまは一般の方で、購入されたお店→問屋さん、という、ルート逆行のパターンです。
箱を開けてビックリ! 薄いベージュ色のきものの、あちこちに血が付いているのです!

==============================

●なぜ、こんな付き方に?!

血というだけで、ビジュアル的にはかなりのインパクトです。ただ、血液汚れという症状、実はさほど珍しくありません。

女性特有のものもありますし、皮膚炎などで、腕から出血しているのに気づかず、お襦袢の内側にスレたように血がついてしまった‥‥などのご相談は多いです。

この案件で不思議だったのは、血の「付き方」でした。
スポイトで落としたように、ボトッと付いているところもあれば、シュッとかすめたように付いているところもあります。そして、付き方や大きさこそ違えど、きもののほぼ全体に付いているのです。

これはいったい、どういうことや?!何をしたら、こんな風に付くんやろう?!
血液を落とす処置が第一ですが、同時に「なんでこんな付き方を?」が、頭の中でグルグルしました。

==============================

●半日がかりで作業

この品物、良かった点は、血液が付いてスグに送って下さったことでした。

しかし、全体に血液が付いていましたので、時間はかかりました。
シミひとつにかかる時間は大したことないですが、数が多いこと、付き方もひとつずつ違うので、薬剤や道具を使い分けて対処しました。地味~な作業ですが、半日かかりました。
で、お納めする時、持ち主さまに、なぜこんな付き方をしたのか、訊いていただきました。
シミの数と全体に点在していた点が、どうしてもナゾだったのです。

==============================

●憶測ですが‥‥

後日、経緯がわかりました。血液は、着用されたご本人のものではなかったのです。

着付けをしてもらったそうで、その着付けの先生が指をケガされて、出血していることに気づかなかったそうです!
思いがけない理由でしたが、なるほど、これならいろんなところに付いていたのは納得できます。
ただ、やはりナゾが残ります。

知らないうちにケガをされたとしても、あれだけたくさん付くまで気がつかないものだろうか?‥‥これがわかりませんでした。
で、ここからは推測なのですが‥‥

着付けをしてもらう時、先生は、ご自身よりも、きものを着る人に、着姿全体かわかるように姿見を使われることが大半です。

僕らも、自分たちの作業場に置き換えてみました。

作業に使うコテ、筆やブラシ、ピースガン‥‥いろんな道具類がありますが、すべて場所が決まっていて、使う度にいちいち目視したりはしないのですね‥‥。
道具の場所は体が覚えていて、見なくてもスッと手を伸ばして取っています。

なるほど、着付ける側って、意外と手元を見ていないかも‥‥と気づきました。

着せる人を姿見の前に立たせ、着付け師は後ろから手を回して、着姿を見ながら着付ける‥‥このやり方だと、鏡からは距離がありますし、血液ジミは見えなかったかも知れません。

着せてもらう方も、着姿に気を取られると、先生がケガをされていることには気づきにくいでしょう。
おそらくこうした経緯で、気づくことなく血が付いてしまったのではないか‥‥と考えました。

==============================

●直後なら大丈夫

先ほども書きましたが、この品物は、付着した直後に相談してくださった点がとても良かったです。

検品すると、一箇所だけ、とっさにおしぼりか何かで押さえたような跡はありましたが、それ以外はノータッチでした。
なので手間と時間はかかりましたが、結果的にはキレイに落ちてくれました。
これが、時間が経ってから気づいた場合は、事情が変わってきます。

血液はタンパク質を含んでいるので、時間が経つと必ず凝固します。さらに時間が経つと、変質や繊維の損傷を引き起こします。

運良く赤い色味が落ちたとしても、この蛋白成分が落ちていないと、凝固→変質は避けられません。

以前、業者さんの自己処理で、過酸化水素水で血液を消そうとした人がいらっしゃいました(!!)
結果的にお手上げで凛に相談が入ったのですが‥‥過酸化水素水は消毒薬のような成分で、血液の赤みは落ちてくれます。

ところが成分を根本的に除去できたわけではないので、血液の付いた部分だけが固くなり、使い物にならなくなります。

できるだけ直後に対応することと、正しい処置を施すこと。これが2大鉄則だと思っています。

==============================

凛通信等(アーカイブ)

2019年12月03日
凛マガジン(シミの正体)
2019年11月02日
凛通信(着物が出来上がるまで)
2019年10月01日
凛通信(シミ取り)
2019年09月29日
凛マガジン(外注先とのチームワーク)
2019年08月01日
凛マガジン(整理屋さん)
2019年07月06日
朝の一言(平成30年1月~12月)
2019年07月04日
凛マガジン(着付けのルール)
2019年06月01日
凛マガジン(地直しの原点)
2019年05月01日
凛マガジン(地色に筋)
2019年04月02日
凛マガジン(布地幅が足りない)
2019年03月03日
凛マガジン(職人が知らない・・)
2019年03月03日
31年針供養
2019年02月10日
凛マガジン(美品でも売れない)
» 続きを読む