生徒の窓…2/10

*お知らせ*

 針供養  行ってきました   写真はこちら


とっても風が強く、せっかくのおぐしやお着物の裾が乱れて大変でしたね。
しかししっかりとお参りしてまいりました。皆さんの気持ちや、自分で縫われた着物姿もしっかりと淡島様には伝わったと思います。
今年3回目のランチのお店(tukimisou)もいつも通りお料理がおいしくゆっくりと過ごせました。

 

教材のおすすめ 

画像がありませんが(かくしてあります)、オレンジ色の「板締め」の長コートにしたらとっても良いと思うおすすめがあります。背の高い方に縫って欲しい逸品。

 

創立20周年」

今年は創立20周年の年です。11月には20周年のパーティーも行われます。

11月17日日曜日に予定しています。ホテルニューオータニのレストランです。

周年行事ですので皆さんの参加お願いしてます。  今から備えて取り組んでいる方も多いです。楽しいことたくさん用意しています。

 

**朝の一言**(平成30年1月~12月)

参考になればご覧ください

授業カリキュラムに沿って、聞いて得した・そうなんだ~・ふ~ん  などの一言をお話ししています。
一年分の話を、年末にまとめてみました。月曜クラスや夜間クラスの方は読んでみてください。


お知らせ

「鏝釜セット」一組、入手しました。ご希望の方お早めに講師までお申し出ください。今までと価格変わりません

*************************************

 **凛通信**

==========================

●職人が知らない品物
●衣装の世界
●これ、何?!
●ウソつき襦袢

==============================

●職人が知らない品物

地直しという仕事を通して、糸や生地、織りや染色などの技法‥‥
素材や加工には精通していると自負していますが、そういう僕らも知らない品物があります。

地直しの仕事のルートは、大きく分けて2つ。

製造工程中に生じた難(業界内)と、品物の保管中や着用時に出た難(販売後、消費者さまから)です。

この中で、補正の現場にはあまり持ち込まれない品物があります。

和装小物などに多いのですが‥‥品物が売れたあと、使用中に汚れたり難が出たりしても、わざわざ地直し屋に依頼するほどではない‥‥と判断されるものです。

補正コストよりも、新しいものを買う方が安かったり、プロに頼まなくても自宅で洗える‥‥など。

このような品物は、地直し屋に持ち込まれることがほとんどないので、僕らが知らないケースもあります。

==============================

●衣装の世界

装束や衣装の類は、専門のルートや技術者が決まっているため、凛にやってくることはほとんどありません(専門職の方がお困りになって、人を介して相談が舞い込むことはありますが)。

衣装と言えば、昨年‥‥。
歌舞伎の舞台裏を紹介するテレビ番組を見ました。

公演までの密着取材、お稽古の様子のほか、衣装部門の舞台裏も紹介されていました。

一般の舞台公演は、役者さんごとに衣装を誂えますが、歌舞伎は違います。

代々受け継がれた品物を使うため、役者さんに合わせて「誂える」のではなく、ひとつの品物を役者さんの体型に合わせて「仕立て直し」ます。

ほどきと仕立てが頻繁に行われるため、通常よりも粗い縫い目で縫われます。

至近距離で見られることがないため、少々縫い目が大きくてもわかりません。

舞台衣装ならではの特徴ですね。
このように、衣装や装束は、一般の呉服とは違う事情や背景があります。

==============================

●これ、何?!

お得意先の小売店さんから、ダンボール入の荷物が届きました。

当時、凛にいたスタッフのおばちゃんが箱を開けるのを横で見ていると、見たことのない品物が出てきたではありませんか!

「これ、何?」と訊くと、
「知らないんですか? 『ウソつき襦袢』ですよ」と言われました。

肌襦袢を長襦袢を重ね着する必要がなく、暑い日には便利なんですよ、と説明してくれました。

読者さまにはおなじみの方が多いでしょうが‥‥僕らには、この時が初めてだったのです‥‥ウソつき襦袢(笑)。

地直し屋で独立するまでのキャリアも含むと、呉服業界に入ってから30年になります。
しかし、長い間「ウソつき襦袢」は知りませんでした。

理由は前述の通り。
ご自宅で洗えたり、クリーニングで対応できたりと、割高のコストを払って地直し屋に依頼されることがなかったのです。

==============================

●ウソつき襦袢

ご存知の方も多いと思いますが(^_^;)
嘘つき襦袢は、お襦袢を着ているように見えますが、構造が違います。

僕らは最初「ウソつき襦袢」と教わりましたが、後にそれが「大ウソつき襦袢」なる別バージョンであるとわかり、いろんなタイプのウソつき」があるのだと知りました(笑)。

通常の「ウソつき襦袢」は、袖と裾だけがお襦袢風で、他の部分はサラシなど、通気性の良い素材が使われています。長襦袢と肌襦袢の合体版のような感じです。

「大ウソつき襦袢」は、袖だけがお襦袢と同じで、上半身(身頃)だけの品物です。

また、袖が取り外せるようになっているので、汚れたり劣化したら、袖だけを洗ったり、新品に交換することができます。

他にも、二部式(上半身と巻きスカートタイプの2点セット)など、複数あります。

袖の交換は、端切れ程度の生地量で済むので、コスパが良いです。
北野天満宮の「天神さん」でも、交換用の袖の生地が売られているのを見たことがあります(知らない頃は、小物を作るための端切れだと思っていました)。

付け替え用の袖には色柄ものもあるので、お手頃は価格おしゃれが楽しめるのも、メリットかもしれませんね。


 


凛通信等(アーカイブ)

2019年02月10日
凛マガジン(美品でも売れない)
2018年12月04日
凛マガジン(最近気になるなるあのCM)
2018年12月02日
2018年クリスマス会
2018年11月30日
凛マガジン(豪雨の被害品)
2018年11月22日
凛マガジン(格と洒落紋)
2018年10月03日
凛マガジン(仕立ての腕前)
2018年09月04日
凛マガジン(古着の特徴)
2018年08月03日
凛マガジン(シミについて勘違い…こんなはずでは
2018年07月04日
凛マガジン(シミについて勘違い)
2018年06月07日
凛マガジン(染の知恵)
2018年05月02日
凛マガジン(卒業シーズン)
2018年04月02日
凛マガジン(シミ取り・ケア)
2018年03月03日
30年針供養
» 続きを読む