生徒の窓 12/1

 

*お知らせ*

***授業状況***

✿✿ 軽装帯教材

①花せん ②円鏡 ③花唐草 ④まめ ⑤ヒラソル緑 ⑥マルバ黒

大判を用意しました。とても柄合わせが楽しくなる帯になりそうです

************************************

✿✿12月からの授業……平日及び土曜の昼間部クラスについて、今まで通りの授業形態で行います。火曜日金曜日の夜間クラスについては20時までで切り上げ、30分繰り上げて17時30分からとさせていただきます。夜間授業の授業時間変更はしばらくの間このままでお願いします。

✿✿ 教室としては12月も現状のままで授業を行います。「予約形式で11名迄」です。

✿✿ 窓開換気の為、気候に合わせて着るものの調節をお願いいたします。


=======================

******************

 **凛通信**

●友禅のマスト工程
●糸目を時短にするために‥‥
●もどきのはずが‥‥贅沢品に
●近代以降の代用技術
●新素材によるもどき
●先端技術とコラボ
●二極化と楽しみ方
==============================
●友禅のマスト工程

いわゆる「手描き友禅」には、15前後の工程数があると言われています。それぞれ専門の職人さんが、工程を担っています。
そして、悉皆屋さんが職人さんたちの工房を回って、制作を進めていきます。

もちろんどの工程も、高い技術力と経験を必要とするのですが‥‥
友禅ならではのマストな工程のひとつに、「糸目(いとめ)」があります。

糸目は、友禅の絵柄の輪郭を縁取る、細~い線のことです。

図案が下書きされた生地の上に、輪郭になる極細の線を描きます。

描くと言っても、染料などで線を描くのではなく、線の部分に染料が入らないように「伏せる」のです。

伏せの素材には、古来はでんぷん糊、現在はゴムや樹脂が使われています。

ペースト状のゴム糊を、ケーキのクリーム飾りのような要領で、極細の絞り口を使って置いていきます。

一着あたり、どのぐらいの糸目があるかは、品物によって変わりますが‥‥

訪問着一着分だと、ベテランの職人さんでも、1日では作業が完了しないと思います。

==============================

●糸目を時短にするために‥‥

この糸目を、少しでも生産性を上げる方法はないだろか? という発想が生まれました。

そこで登場したのが、「型糸目(かたいとめ)」と呼ばれる技法です。

前号の鹿子絞りでも、型を使った後発品を紹介しました。同じ発想ですね。

柿渋を使って貼り合わせた和紙に、極細の彫刻刀を使って、糸目の線を切り抜いていきます(柿渋は、強度と防腐のためです)。

型紙を生地の上に置いて、引染めを行うと、型を置いた部分は染まりません。
糸目を置いたように仕上がるわけです。

ただし、型紙を作るのには大変な手間と技術が必要です。

1枚彫るのにも時間がかかるうえ、身頃や袖など、パーツによって絵柄が異なる場合は、型紙が何枚も必要になります。

ただ、1つの型で何着も作れる点は、型糸目のメリットでしょう。

印刷物などと同じで、たくさん作るほど生産性・利益率が高くなります。

逆に、作る着分が少ないと、採算が合いません。

==============================

●もどきのはずが‥‥贅沢品に

もともと効率重視で代用品として生まれた技術が、時代を経て伝統工芸になっている背景があります。

主に三重県鈴鹿市で生産されている「伊勢形紙」は、重要無形文化財に指定されており、呉服だけでなく、工芸品や家具にも使われています(漢字表記は「伊勢形紙」「伊勢形紙」の両方あるようです)。

後発品と言っても、室町時代には既に存在していたらしいので、十分、伝統工芸ですよね。

型糸目から発展して、いわゆる「版画の多色刷り」のような技法も生まれました。

使う色の数に合わせて何枚もの型を彫り、型を置き換えて染めていくものです。色の数だけ、染色工程に時間がかかります。

1つの絵柄に、10色以上の色が表現されることもあります。
型紙を彫るだけで大変手間がかかりますし、熟練した技術がなければできません。

ひとつ面白いのが、型染めならではの難です。

「型ズレ」と呼ばれるのですが、型紙を置いた位置が微妙にズレた場合に起こり、色がブレたようになります。

古い時代に作られた品物で、型ズレの難を直して欲しいという依頼が、昔は一定数ありました。
それがなぜか、最近は依頼がありません。

品物の生産数が落ちているからか、型ズレしないやり方ができたのか、理由はわかりませんが、見かけなくなりました‥‥。

==============================

●近代以降の代用技術

代用としてスタートしたとは言え、手作業時代の技術は手間も技術も必要で、芸術的価値も非常に高いです。

機械産業主体の時代になって、代用技術の傾向が変わってきました。とにかく、生産性とコストが最優先されます。

近年の量産品で多いのが、いわゆるプリントによる染めです。染料や顔料を、機械で生地に吹き付けて絵柄を出します。

手作業特有の、線の微細な差などがありません。どんなに細い線でも、かすれや途切れがなく、一定に表現できます。

これをキレイと言うか、つまらないと言うかはその方の解釈ですが‥‥
同じデザインをミスなく均一に、何着でも生産できます。

==============================

●新素材によるもどき

本来の糸目は、ゴム糊で輪郭を伏せるのですが、時短を可能にした新素材があります。

そのひとつが「ダック」です。

ダックは、フッ素系の化学薬品で、染料と混ぜることもできます。
蒸し工程と組み合わせることで、「伏せ」に代わる役割を果たします。

染まらない性質を利用しているため、「ダック防染(だっくぼうせん)」と呼ばれています。

ダックで糸目をする場合、ダックで糸目を描き、「蒸し」をします。
そのあと引染めをすると、ダックの部分は染料をはじいて染まりません。糸目を置いたような仕上がりになります。

ダック防染を使った場合、生地のウラ側から引染めを行います。
オモテから行うと、ダックの上に弾かれた染料がムラになるからです。

==============================

●先端技術とコラボ

最新技術では、呉服の生地にプリントできるコピー機(!)があるそうです。
コピー機がどんなものかは、僕らも見たことがなく、知りません。

プリント技術の活用はどんどん進んでいて、短時間での量産、多様な表現を可能にしています。
一度に表現できる色数も増えています。

聞いた話ですが、マシンプリントは設計図の作成で使うCADとの連携が可能で、データ入力も時短になっているそうです。

機械を導入する初期費用は高額ですが、その1台で、どんなデザインでも、何着でも生産できるので、長期的にはコストが抑えられるのでしょう。

==============================

●二極化と楽しみ方

様々な新技術が取り入れられる一方で、全体の1%以下ですが、昔ながらのでんぷん糊で糸目を行う職人さんもいらっしゃいます。

糊糸目は、ゴムや樹脂に比べて固く、取り扱いが難しいことから、ゴム糸目の数倍の時間がかかると言われています。

でんぷん糊には原料によって種類があり、職人さんは材料や調合を変え、手作りされているそうです。

このぐらい細かい話になると、呉服業界でも、知らない人がほとんどです。

このような伝統技法を、マシンプリントと比較することは、無理があるように感じます。

どちらも完成形は呉服ですが、作る目的やニーズが、まったく違うからです。

新しい技術や機械の活用は、僕らはある意味「アリ」だと思っています。

機械や化学薬品を使った技法にも、よく工夫されていると感じる部分があります。

富裕層やコレクターさんは、機械生産の品物には関心がないでしょう。
数百万、数千万の品物も、身の丈に合ったお買い物だと思います。

一方で、学生さんが「バイトの給料で買えるきものが欲しい!」と思ってくれるなら、とても喜ばしいことだと思います。

お手頃価格で和装が楽しめるなら、マシンプリントでも、全然オッケーじゃないですか?!

僕らが独立した当初に比べると、新しい技法がどんどん増えています。

しかし呉服業界では、(全員ではありませんが)ベテランさんほど、「これ、手作業と違うやん!」みたいに、ケチを付けたがる人が多いのは、皮肉なことです(笑)。

==============================



凛通信等(アーカイブ)

2021年11月30日
凛マガジン(難にも色々)
2021年10月28日
凛マガジン(機場)
2021年09月28日
凛マガジン(難にもグレードがある)
2021年08月31日
凛マガジン(生地難)
2021年06月30日
凛マガジン(末広)
2021年06月28日
凛マガジン(湿気が原因)
2021年04月25日
凛マガジン(かけはぎ)
2021年03月29日
凛マガジン(間違いのパターン)
2021年03月01日
凛マガジン(紋1)
2021年02月07日
凛マガジン(悉皆屋さん)
2021年01月03日
凛マガジン(コロナで見えたもの)
2020年12月01日
凛マガジン(帯のトラブル)
2020年10月05日
凛マガジン(色の正体)
» 続きを読む